4.金利リスクに注意

資産運用 編(分散投資web)
  1. 元本割れの真実
  2. リスクの種類と解説
  3. 外貨投資をしないことはデメリット
  4. ポートフォリオ@円資産と外貨資産
  5. ポートフォリオAインデックス投資
  6. ボラティリティでリスクを知る
  7. 相関係数から分散投資
  8. 買うタイミング=ドルコスト平均法
  9. 売るタイミング=リバランス
  10. 初めての投資商品選び
  11. 目的別資産運用はしない
FX(外国為替証拠金取引) 編
  1. FX(外国為替証拠金取引)はハイリスクか?
  2. FX(外国為替証拠金取引)の期待リターンは?
  3. スワップ金利とは
  4. 金利リスクに注意
  5. FX(外国為替証拠金取引)の使い方
  6. 通貨分散の意義と問題点
  7. 通貨ペアの選び方
インデックスファンド 編
  1. インデックスファンドとは
  2. インデックスファンドのコスト
  3. アクティブファンドは買ってはいけない
  4. インデックスファンドでの資産運用
  5. インデックスファンド(日本株式)一覧と選び方
投資・資産運用本Books
分散投資web相互リンク
為替リスクより金利リスク

 資産運用として
 長期間の投資を考えている場合
 FX(外国為替証拠金取引)では
 金利リスクにこそ、もっとも気を配らなくてはなりません。

 為替リスクは
 「決済しない」で運用すれば
 まったく気にする必要はありません。
 (レバレッジにもよりますが…)

 スワップ金利は
 通貨ペアの二国間の金利差で決まります。
 米ドル円の場合、米国と日本の金利差ということです。

 よって
 米国の金利が同じでも
 日本の金利が上がれば、金利差が小さくなり
 スワップ金利も低くなります。

 しかも二国間の金利差が逆転すると
 スワップ金利は、支払が生じるようになります。


金利リスクの外貨MMFとの違い

 FX(外国為替証拠金取引)では、
 外貨MMFと比べると金利リスクの影響が強いといえます。

 外貨MMFは
 その外貨の国の金利が影響するだけですが、
 FX(外国為替証拠金取引)の場合
 二つの国の金利が影響するからです。

金利変動が原因で、為替リスクを負う

 FX(外国為替証拠金取引)で
 「決済する」場合
 それは
 金利変動により、スワップ金利が支払いになったときです。

 (必ず、決済する必要はありません。)
 (支払でもいいと考えるなら、決済せずそのまま、というのも勿論「あり」です。)

 さて
 スワップ金利が支払いになり
 決済するとき
 為替リスクが、発生します。

 そこで
 決済時に、為替差損を被らないように工夫する必要があります。

 その工夫については
 次のページ「FX(外国為替証拠金取引)の使い方」で触れたいと思います。

        【姉妹サイト関連ページ】
         金利変動リスク :金利差逆転の可能性


   1.FX(外国為替証拠金取引)はハイリスクか?
   2.FX(外国為替証拠金取引)の期待リターンは?
   3.スワップ金利とは
   4.金利リスクに注意
5.FX(外国為替証拠金取引)の使い方
   6.通貨分散の意義と問題点
   7.通貨ペアの選び方


FXの正しい使い方年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用

投資の全責任は、投資家自身が負うものです。当サイトの情報を参考にするしないも投資家自身の決断です。当方は損益への責任は一切負いません。

Copyright (C) 分散投資web, All rights reserved.